リハ+リフォーム「動ける家」

「動ける家」のサービス対応エリアは愛知県内全域となっております。
今後エリアの拡大のために準備中です。他の地域の場合は一度ご相談ください。

 

動ける家とは?

理学療法士がいるからできるリフォームの新しい形の提案

 

脳卒中、骨折、加齢による体力の低下があっても

家で生活したい、

自分の力で動きたい、

家族と一緒にいたい、

でも負担はかけたくない…

 

そんなリフォームの形を提案・実現したい

 

それが「動ける家」のコンセプトです

 

 

動ける家サービスの特徴

動きのプロとリフォームのプロが力を合わせて

あなたのリフォームの希望を実現します

 

「動ける家」の最も大きな特徴は、

通常のリフォームと変わらない価格で、

動きのプロである理学療法士のアドバイスがもらえる!ことです。

 

脳卒中や骨折などで起こる、日常の動きにくさを実際に理学療法士が訪問して評価をして、あなたに必要なリフォーム案をリフォーム業者とともに考えます。

 

ちょっとした壁や床の選択・設計、

ドア、家具の位置などの工夫によって、

動きやすく、そして安全な家のリフォームを実現します。

 

 

サービスの流れ

①ご相談・ご依頼

 メールまたはお電話でのやり取りを行い、初回訪問日を決定します。

②初回訪問

 理学療法士(PT)・リフォーム担当者がお客様のご自宅へ訪問します。実際に動きでお困りの方がいらっしゃる場合、理学療法士が動きの確認を行い、適切なリフォームの方法を、リフォーム担当者と検討します。

③リフォームの実施

 初回訪問後、お客様とリフォーム担当者で、実際のリフォームの方針を決定し、契約後リフォームを進めていきます。

④リフォーム実施後の訪問

 理学療法士・リフォーム担当者で再度訪問し、実際に動きの確認を行います。またその際家具の配置や、動作時の注意点、必要であれば自主トレーニングの方法をお伝えします。

⑤リフォーム数週〜1ヶ月後の訪問

 理学療法士が訪問し、実際の生活上の不具合などを確認し、必要であれば家具の位置や動作のアドバイスを行います。