脳卒中のリハビリを受けたい方へ:在宅アドバイス

現在の空き状況(9/7更新)

・月・火の9:00〜13:00
・水15:00〜20:00
・金は終日対応可能です

サービス提供可能曜日・時間:月〜金曜の9:00〜20:00(20時からのサービス開始が最終予約枠となります)

脳卒中リハへの思い

運動機能等の低下が認められた場合には医療機関等においてリハビリテーションが実施されるが、一般的に運動機能はおよそ発症から3〜6か月までに顕著に回復し、それ以降はあまり変化が見られなくなる。ただし、言語機能などは1年を経過して徐々に改善する傾向がある(脳卒中の留意事項:厚生労働省

脳卒中は後遺症が残る病気です。発症後から期間が経過するほど、機能回復は緩徐になっていきます。

私の脳卒中リハへの思いが特に強くなったのは、訪問にてご自宅へ退院した後の脳卒中の方へのリハビリの経験がすごく大きいです。発症後、急性期の病院、回復期リハ病院での入院生活を終え、数ヶ月経過している方から数年経過している方に関わりました。

それぞれの方にリハビリの初回には、リハビリに期待することを確認するのですが、多くの方が麻痺側の手足を少しでも動かしたい、日常生活で使いたいとの思いがありました。そして実際に関わる中でほとんどの方が少しずつ変化をします。

・いつも握りしめていた指が緩むようになる。少し自分の意思で曲げ伸ばしできる

・歩く時に装具を使わなくても、ふらつきなどなく歩くことができる。

・全く感じなかった手のひらの感覚が分かるようになる。

などそれぞれの方に様々な変化が出る場面を利用者さんと一緒に共有することができました。

経過が長い脳卒中の方でも、変わる力がある

でも多くの脳卒中の方が、自分の可能性、持っている力に気づけていないのではないか?

そう感じるようになりました。

脳卒中の方自身も手足が動くことや変化することを心のどこかで諦めている方も、いざ変化が出ると、途端に表情が変わります。

私自身がその瞬間を共に体験できること、がすごく幸せです。

そんな方を少しでも増やしたい。

それが入院期間が過ぎた脳卒中の方の在宅でのリハをしている理由です。

ASHリハサービスってどんなサービス?

愛知県を中心とした、脳卒中専門の在宅・訪問型リハビリサービスです。脳卒中の方の抱える悩みを共に解決していきます

手足をもっとスムーズに動かしたい、硬くせずに動かしたい

歩きをもっと良くしたい

一人でもっと動きたい

家族の負担を減らしたい

その願いに、もう一度チャレンジしてみませんか?

ASHリハサービスの5つの特徴

①あなたのご自宅で

「1人で外来リハビリを受けたいが不安…」「家族に送り迎えをお願いするのに気が引ける…」「他の人の目が気になる」「病院や施設ではできていたのに、自宅では上手く動けない…」「ご飯を作る時、階段を登る時にもっと良い方法はないか?」

などご自宅で行うリハビリには多くのメリットがあります。またご自宅でできる方法やこれからやりたいことを直接練習することができます。

麻痺のある手や足のリハビリも、ご自宅でお一人でもできる方法を利用者様の能力や環境に合わせてアドバイスをしていきます。

②専門家の適切な評価とアドバイス

14年の経験を持つセラピストがあなたを担当します。

豊富な脳卒中関連の講演経験やセラピストの教育経験を活かして、あなたの手や足、姿勢や動作の問題点を見つけ、解決方法を適切にアドバイスします。

ASHでは、利用者様ご自身で

「変化を実感できること」

「その変化をお一人でも再現できること」

「その変化を普段の生活でも活かせること」

を大切に、ご利用者様と出来るだけ多くコミュニケーションを取りながら行っていきます。

ご利用者様が横になっているだけ、無言でセラピストの手技を受けるだけのリハビリは行いません。

ご自身で自分の体を少しでも思い通りに動かせること、をサポートしていきます。

③効果を持続する自主トレ

「セラピストが触れている時だけ、上手くできる」では意味がありません。利用者様がお一人でも上手くできる方法を再現できる、ことが大切です。そのために毎回自主トレーニングの方法もお伝えします。自主トレーニングというと筋トレやストレッチなどをイメージされるかと思いますが、多くの方は「自分の体の上手な動かし方が分からなくなっている」状態にあります。

ASHのリハでは、「上手な動かし方を再び見つけ、それを利用者様ご自身でできるようにしていく」ことを目的としています。そのため自主トレーニングは、上手く動いている感触を確かめる、硬くせずに弱い力で自分の体をゆっくり動かすといったトレーニングを提案する場合もあります。

④LINEやメールで気軽に相談

ご利用者様からのご相談には随時対応(無料)。今度旅行に行く、自主トレの方法が合ってるか不安などLINEやメールにてお答えします。

お困りの動作場面や自主トレの動画を送って頂ければ、アドバイスを適宜行います。

⑤ご家族さまへのアドバイス

ご家族様からのご質問やご利用者様への介助や声かけの方法のアドバイスも随時行います。

脳卒中になったご本人様はもちろん、ご家族の方も多くの人は脳卒中の方と一緒に生活をすることが初めての経験です。

ご家族様のご協力やご理解により、利用者様もリハビリへのモチベーションも高まります。ご家族様の過度な期待や不安が利用者様の心理的な負担になっていることもあります。「何で上手くできないの?」「もっと早くできないの?」「どんな風に関われば良いの?」「どこまでを利用者様自身にやってもらい、どこから家族のサポートが必要なのか?」などお気軽にご相談ください。

ご利用時間・料金と支払い方法・対応エリア

ご利用料金

10000円(1時間あたり:愛知県内)

*上記のサービス料+交通費(名鉄本線 前後駅から公共交通機関での最寄り駅までの往復額)を頂戴します。

お支払い方法

毎回ご利用時に現金でお支払いまたは銀行振込にてお支払いください。

対応エリア

愛知県全域を対象としています。

岐阜、三重、静岡でも場所や時間によっては対応可能です。
現在ご利用中の方を優先させて頂きますので、ご希望の曜日や時間帯によってはお断りさせて頂くことがありますので、ご了承ください。

担当セラピスト


小松 洋介(こまつ ようすけ)

高校卒業後、教育大学に進学するも3年生で中退。その後中部リハビリテーション専門学校を卒業し、2004年3月国家資格を取得。

卒業後、総合病院にて療養〜回復期〜急性期(特に整形)〜訪問看護を経験。その後回復期リハビリテーション病院、訪問看護ステーションにて勤務し、2017.7月「BRIDGE PLUS」を立ち上げる。

関東〜東海〜関西を中心に、研修講師として「脳卒中患者のリハ(姿勢・歩行・日常生活動作)」「姿勢と嚥下」「姿勢・動作分析」などをテーマにBRIDGEセミナーだけでなく、PT・ST協会や法人・病院・施設や他のセミナー団体の外部講師としても講演活動を行なっている。

自己紹介の詳細はこちら