未分類

嬉しい出来事「麻痺側の手でグラスが持てたよ!!!」

 

今、毎週関わっている発症10年目の脳卒中の方。

真ん中がその方。右手は麻痺側の手。

 

「持てそうだと思って持ったらできました!」

 

と写真を見せてくれました!

 

ぼく「すげーーーーーーー!!!!写真ください(笑)色んな人に見せます(笑)」と。

 

嬉しすぎます。

 


四年前最初に関わった頃には指はガチガチに固く曲がっていて、肘を伸ばして前に手を伸ばすことができなかった手

 

・中身の入っているグラス

・自宅ではなくお店

・知り合いと一緒

という「こぼしたらいけない」と思える状況で、

麻痺側で持てそうだと感じただけでなく、チャレンジしたこの方の思い。


ただただ尊敬です。

 

この方から学んだ大切なこと

・目に見えない、自身の体の感じ取りの変化を大切にする

 

・ただ(力づくで)動けば良いわけでなく、非麻痺側と比較して、同じような場所を使っているか?全然違う場所を使っているか?を気にする。

 

・どこを頑張るべきか?どこは頑張りすぎないようにすべきか?を自身で気づき、自分でも再現できるようにする

 

・その変化を、普段から忘れないように気にする

 

・以前やっていなかったこと、諦めてしまったこと、やらなくなったをやろうとしてみる

この方が普段から気をつけていることです。

 

地道に、継続。

 

その大切さを痛感します。

 

そしてその気持ちをお持ちの方が、

立ち止まった時にそっと背中を押せるような

セラピストであれたらと思います。

 

小さな体の変化に気づける

その体の変化が日常生活の変化につながる

家や趣味などでの役割ややれること、やりたいことが増える

また次の目標が生まれる

 

そんな風に関わっていきたいですし、その可能性をつぶさず、見つけ、伸ばしていくサポートができたらと思います。

 


アドバイザーとして関わっていますが、
いつも学んでいるのはぼくの方です。


これからも一緒にこうして喜べる体験ができるように精進します。